インナードライはどうすればいい?その改善法について徹底解説!

MENU
乾燥肌が気になる40代のためのスキンケア TOP  >  美容コラム  >  インナードライはどうすればいい?その改善法について徹底解説!

インナードライはどうすればいい?その改善法について徹底解説!

オイリー肌に見えるのに実はすごく乾燥しているインナードライ肌。
 
一般的な乾燥肌よりある意味たちが悪く、様々な肌トラブルを引き起こしかねないこの肌質ですが、毎日のスキンケアや洗顔を工夫することで改善できる場合があります。
 
インナードライ 改善法

We Heart It

 
今回は、インナードライ肌を改善する3つの方法について、詳しくご紹介します。

インナードライ肌を改善する3つの方法

数字1 皮脂を除去しすぎない

インナードライ肌とは、肌表面はテカテカしているのに肌細胞内の水分量が不足している、つまり、肌の内側が乾燥している状態のことをいいます。
 
というのも人の肌は水分量が不足すると、「これ以上水分を逃すまい」として肌表面に皮脂の膜を張ります。
するとその結果、「肌表面はテカテカなのにその内側が干からびている」という現象が起こってしまうのです。
 
そのため肌表面がテカテカしているからといってこれを除去していると、水分の蒸発を防ぐことができなくなって肌の乾燥がどんどん進んでしまいます。
 
そこでインナードライを改善するためには、肌表面の皮脂を除去しすぎないようにしましょう。
 

  • 脂とり紙やティッシュで皮脂を抑える
  • 1日に何回も洗顔をする

 
といった行為はインナードライを悪化させる可能性がありますので、なるべく控えましょう。
また洗浄力が強い洗顔料も、あまりおすすめできません。
 

数字2 徹底的に保湿する

インナードライ肌は、見た目こそテカテカしているものその内部では乾燥がかなり進行しています。
そこでインナードライ肌を改善するためには、日々のスキンケアにおいてお肌を徹底的に保湿することが大切です。
 
保湿効果の高い化粧水を使って肌の角質層に潤いを補給した後、美容液で栄養分を補給してあげるといいでしょう。
 
ちなみに以下の成分には優れた保湿作用がありますので、化粧水・美容液選びをする際の参考にしてみてください。

《保湿効果が高い成分》

  • セラミド
  • 大豆レシチン
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • 天然保湿因子
  • グリセリン
  • 植物油

保湿ケアの後はクリームを塗って仕上げよう

インナードライ肌の方の中には、「ベタつくからイヤ」といった理由からクリームを嫌う方が少なくありません。
しかしせっかく化粧水等で保湿をしても、そのままの状態では時間の経過に伴って肌細胞内の水分が蒸散してしまいます。
 
この点、保湿をした後にクリームを塗れば肌表面にフタをして、補給した水分の蒸散を防ぐことができるのです。
 
最近は保湿効果が高いクリームやさらりとしたテクスチャのクリームもありますので、ベタつくのが苦手な方はこういったタイプのクリームを使ってみることをおすすめします。
 

数字3 洗顔法を見直す

インナードライ肌を改善するには、洗顔法を見直すことも大切です。

インナードライはどうすればいい?その改善法について徹底解説!

We Heart It

まず洗顔に使うお湯の温度ですが、30~35度と少しぬるめにすることをおすすめします。
お湯の温度が熱すぎると肌に必要な脂分を取りすぎ、肌細胞の保水機能を奪ってしまうのです。
 
また使用する洗顔料は、洗浄力が優しいものをセレクトするようにしましょう。
具体的には、アルカリ性の洗顔料や洗浄力の優しい石鹸などがおすすめです。
 
もちろん肌を清潔に保つのはとても大切なことですが、だからといって過剰な洗浄はインナードライを加速させることがあります。
肌の潤いを保つためにはある程度の脂分が必要ですので、“適度”な洗顔を心がけましょう。
 
インナードライ肌は肌のくすみやたるみ、シワなど、ありとあらゆる肌トラブルの原因となることがありますので、日々のスキンケア法や洗顔方法を見直して、その状態を改善していきましょう。
 


matome

美肌マダムは乾燥肌で、お手入れを怠ったったりするとカサカサになってしまいますが、それとは逆に見るからにテカテカしていて一見オイリー肌に見えるお肌でも実は、肌の内側が乾燥しているお肌のことをインナードライ肌と言います。
 
このようなお肌の持ち主は、自分の肌状態が分かっていないとテカテカしているからと間違ったお手入れをしてしまう場合があります。
 
インナードライ肌は、毎日のスキンケアや洗顔を工夫することで改善出来ます。
 

  1. 皮脂を除去しすぎない
  2. 徹底的に保湿する
  3. 洗顔法を見直す

 
この3つを気を付けてスキンケアしてください。
 
インナードライ肌を改善することで、様々な肌トラブルを回避できます。

関連記事

テカってるのに乾燥肌!?目に見えない隠れ乾燥肌とは?

オールインワンゲルで乾燥肌対策!時短・簡単・効果アリ

乾燥肌ケアはクレンジングで決まる!良いクレンジングの選び方

アヤナスがリニューアル~ストレスによる肌荒れにも徹底対応!

ヒフミドのセラミド効果を口コミ!乾燥肌に必要なのはセラミド

 

クレンジングランキング

クレンジングレビュー

オールインワンランキング

トライアルセット一覧

 

同じカテゴリー「美容コラム」の一覧

目の下 くま 原因

目の下のくまの原因とは?意外なことがくまの原因だった!

目の下にくまがあると、疲れたように見えたり、老けた印象を与えてしまうなど、女性として損をしてしまうことが多いですよね。実は、くまには様々な種類があり、その種類によって、くまができる原因に違いがあるようです。 […]

記事の続きを読む
フェイスライン ニキビ

イソフラボンの効果を徹底解剖!本当に美肌に効き目があるの?

お肌に必要な成分はたくさんありますが、ずっと注目され続けているのがイソフラボン。 イソフラボンと言えば大豆、と言われるほどで、大豆の成分として健康にも美容にも大活躍しています。   美肌マダ […]

記事の続きを読む
生理前 肌荒れ

生理前の肌荒れ原因は?知って得する効果的な改善方法

生理前になると、体には色々な変化が起こりますよね。女性にとっては、とても辛い時期の始まり…そんな時に肌荒れになると、さらに憂鬱な気分になりませんか?生理前の肌荒れってどうしておこるのでしょうか?生理前 […]

記事の続きを読む
女性ホルモン 増やす

女性ホルモンを増やす3つの方法~身近な事であなたも美しくなれる!

女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つのことを指しており、卵巣でつくられています。 そして女性ホルモンの働きによって、艶やかでハリのある肌や髪など女性らしい […]

記事の続きを読む
朝 洗顔 しない

朝洗顔しない方が良い?肌に合わせた洗顔方法で美肌を目指そう!

スキンケアの中で、最も基本となるものは洗顔です。洗顔は生活習慣のひとつなので特に意識することなく、当り前のように朝、洗顔する方が多いと思います。多くの有名人が朝洗顔をしないということが広く知られるようになり[…]

記事の続きを読む
美肌マダムのプロフィール

40代に入って肌がカサカサで粉が吹いたようなひどい乾燥で悩んだ管理人「美肌マダム」が実際に購入し使った商品のみを良い点も気になる点も含めて正直にレビューしています。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2017 乾燥肌が気になる40代のためのスキンケア

ページトップ
Scroll Up