ほうれい線は予防できる!?おすすめの予防法について徹底解説

MENU
乾燥肌が気になる40代のためのスキンケア TOP  >  美容コラム  >  ほうれい線は予防できる!?おすすめの予防法について徹底解説!

ほうれい線は予防できる!?おすすめの予防法について徹底解説!

ほうれ線が目立つと、それだけで年齢よりも老けて見えてしまうことがあります。
ほうれい線は肌のたるみや乾燥によって発生しますので、これらの原因に即した対策を行うことが大切です。
 
ほうれい線は予防できる!?おすすめの予防法について徹底解説

We Heart It

では、ほうれい線を予防するには具体的にどのような対策が効果的なのでしょうか。

ここでは、ほうれい線の予防法について詳しくみていきましょう。

ほうれい線の予防法

肌の弾力を保ってほうれい線を予防

ほうれい線ができる原因の一つに、頬のたるみがあります。
 
肌は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが網目状の組織を作り土台となって表皮層を支えることで、ハリや弾力を保っています。

そのため加齢や紫外線などによって真皮層内のコラーゲンやエラスチンの量が減少すると、肌の“土台”が脆くなって肌の弾力が失われます。
 
するとその影響によって肌が下方向へと垂れ下がり、ほうれい線が目立つようになってしまうのです。

ほうれい線を予防したいならたるみを予防しよう

そのためほうれい線を予防するためには、その原因となるたるみを予防する必要があります。
 
そこでまずおすすめしたいのが、新陳代謝を促進する作用がある成分が配合されている化粧品を使ったスキンケアです。
 
「たるみケア」というとどうしても「コラーゲン」に目が行きがちですが、この成分は分子量が大きいため外から塗っても真皮層まで届けることができません。

そのため日々のスキンケアでは、コラーゲンを注入するのではなく、人の肌が持っているコラーゲン産生機能を促進することが大切なのです。
 
また,人は紫外線を浴びると、活性酸素が発生して肌の老化が進んでしまいます。

そのためたるみを予防するには、日々のUVケアに力を入れることも重要になります。
 

森永コラーゲンドリンク1,000円森永コラーゲンドリンク

表情筋を鍛えてほうれい線を予防

ほうれい線の原因となる頬のたるみは、表情筋の衰えが原因で生じることもあります。

というのも肌は表情筋に直接くっついて動いているため、表情筋が衰えて垂れ下がってくると、それにつられて肌も下がってきてしまうのです。
 
そこでほうれい線を予防するためには、表情筋のトレーニングをしてこれが衰えないよう日頃から鍛えておきましょう。
 
表情筋のトレーニングには様々なバリエーションがありますが、今回は舌まわしエクササイズをご紹介します。
 

  1. 口を閉じたまま、歯に沿わせるような感じで舌を左周りにゆっくり20回まわします。
  2. 同じ要領で、今度は右回りにゆっくり20回まわします。

 
この動きを1セットとして、毎日3セット程度、実践してみましょう。

乾燥対策をしてほうれい線を予防

ほうれい線は、肌のたるみ以外に乾燥が原因となって生じることもあります。
 
肌の最も外側にある「角質層」の水分が失われると、その影響によって肌表面に小さなシワができます。
 
例え乾燥じわができても早い段階で保湿ケアをすれば改善されていくのですが、そのまま放置してしまった場合、小さなシワとシワがつながって大きなしわになってしまうことがあるのです
 
また肌表面にある角質層とその奥にある真皮層はともに連携して動いているため、乾燥によって角質層の状態が悪くなってくると、それにつられて真皮層の状態も悪くなってきてしまいます。
するとその結果、保湿ケアでは改善することができないような深いほうれい線ができてしまうというわけですね。
 
そこでほうれい線を予防するためには、入念な保湿ケアをして角質層を乾燥させないようにしましょう。
 
保湿効果が高い成分には、
 

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • ステアリン酸コレステロール
  • 大豆レシチン
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヘパリン類似物質

 
等がありますので、化粧品選びをする際の参考にしてみてください。
 


matome

美肌マダムは、いつもこのほうれい線が無かったら、もう少し若く見えるのに…と思っています。

そして、もっと若いうちに予防なり対策なりをしておけばよかった…と後悔しています。
 
しかし、嘆いてばかりでは改善されませんね。
 
今回、ご紹介した3つの予防法

  1. たるみを予防する
  2. 表情菌のトレーニング「舌まわしエクササイズ」を実践する
  3. 十分な保湿ケアをして乾燥しないようにする

 
この3つに気を付けながら、日常生活を送ろうと思います。

関連記事

ビーグレントライアルほうれい線ケアを口コミレビュー【画像あり】

ビーグレンほうれい線ケアの口コミ!原因にアプローチするケア
 

クレンジングランキング

クレンジングレビュー

オールインワンランキング

トライアルセット一覧

 

同じカテゴリー「美容コラム」の一覧

目の下 くま 原因

目の下のくまの原因とは?意外なことがくまの原因だった!

目の下にくまがあると、疲れたように見えたり、老けた印象を与えてしまうなど、女性として損をしてしまうことが多いですよね。実は、くまには様々な種類があり、その種類によって、くまができる原因に違いがあるようです。 […]

記事の続きを読む
フェイスライン ニキビ

イソフラボンの効果を徹底解剖!本当に美肌に効き目があるの?

お肌に必要な成分はたくさんありますが、ずっと注目され続けているのがイソフラボン。 イソフラボンと言えば大豆、と言われるほどで、大豆の成分として健康にも美容にも大活躍しています。   美肌マダ […]

記事の続きを読む
生理前 肌荒れ

生理前の肌荒れ原因は?知って得する効果的な改善方法

生理前になると、体には色々な変化が起こりますよね。女性にとっては、とても辛い時期の始まり…そんな時に肌荒れになると、さらに憂鬱な気分になりませんか?生理前の肌荒れってどうしておこるのでしょうか?生理前 […]

記事の続きを読む
女性ホルモン 増やす

女性ホルモンを増やす3つの方法~身近な事であなたも美しくなれる!

女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つのことを指しており、卵巣でつくられています。 そして女性ホルモンの働きによって、艶やかでハリのある肌や髪など女性らしい […]

記事の続きを読む
朝 洗顔 しない

朝洗顔しない方が良い?肌に合わせた洗顔方法で美肌を目指そう!

スキンケアの中で、最も基本となるものは洗顔です。洗顔は生活習慣のひとつなので特に意識することなく、当り前のように朝、洗顔する方が多いと思います。多くの有名人が朝洗顔をしないということが広く知られるようになり[…]

記事の続きを読む
美肌マダムのプロフィール

40代に入って肌がカサカサで粉が吹いたようなひどい乾燥で悩んだ管理人「美肌マダム」が実際に購入し使った商品のみを良い点も気になる点も含めて正直にレビューしています。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2017 乾燥肌が気になる40代のためのスキンケア

ページトップ
Scroll Up