乾燥肌 日焼け止め 選び方

MENU
乾燥肌が気になる40代のためのスキンケア TOP  >  美容コラム  >  保湿+紫外線カットでは不足!乾燥肌を守る日焼け止めの選び方

保湿+紫外線カットでは不足!乾燥肌を守る日焼け止めの選び方

紫外線は乾燥肌の原因になりますが、紫外線を防ぐための日焼け止めも、乾燥肌を招いてしまいます。

肌を守るためには、保湿しながら紫外線を防いでくれる日焼け止めを選ばなければいけません。

乾燥肌 日焼け止め 選び方

We Heart It

では、乾燥肌に良い日焼け止め、悪い日焼け止めには一体、どんな特徴があるのでしょうか?
今回は、乾燥肌に効く日焼け止めの選び方について説明していきます。

乾燥肌に効く日焼け止めの選び方

日焼け止めの効果にSPFは関係ない!?

乾燥肌で悩んでいる方は、日差しがきつい夏の季節が近づくにつれて、外出するのが憂鬱になっているのではないでしょうか?
 
乾燥肌を改善するためには、紫外線を防ぐ必要があります。
しかし、日焼け止めを厚塗りすれば、今度は日焼け止めそのものが乾燥肌の原因になってしまいます。
 
日焼け止めは、紫外線をカットするためのさまざまな化学薬品が使用されている製品が多く、決して肌に良いものではありません。
 
少しでも使用量を減らして、乾燥肌を防いでいる人もたくさんいらっしゃるでしょう。
 
「使用量を減らしている分、効果が高い日焼け止めを使って紫外線を防ごう!」と考えて、SPFの数値が高い日焼け止めを使っている人も多いです。
 
でも、実はSPFの数値は、紫外線カットの効果とは何の関係もありません。
 
SPFとは、日焼け止めが効果を発揮する時間をあらわしています。
SPFが高い日焼け止めが、アウトドアやレジャー向けとされているのは、塗りなおしの手間が省けるという理由からであって、数値が高い分、紫外線をカットしてくれるわけではないのです。

ウォータープルーフを普段使いするのはNG!

夏場によく使われる日焼け止めの中で、SPFが高い製品とともに人気があるのがウォータープルーフの日焼け止めです。
 
水に塗れても落ちないことから、海やプールといった、レジャーに活用されているウォータープルーフの日焼け止めですが、実は普段使いの日焼け止めとして、毎日のように使用している方もいらっしゃいます。
 
暑い夏には汗がどんどん出てくるため、汗で流れないウォータープルーフの日焼け止めが便利なのはわかりますが、乾燥肌にとっては悪影響以外の何物でもありません。
 
ウォータープルーフの日焼け止めは、水に強い分、洗い流す時に専用のクレンジング剤を使用しなければならない製品もあります。
そういった日焼け止めのクレンジングは、メイク用のクレンジングよりも強力で、肌に強い刺激を与えてしまい、毎日繰り返していると表皮の角質層がボロボロになってしまいます。
 
角質層は、紫外線から真皮を守るためのバリアという役割も持っているため、角質層がダメージを受けてしまったら、さらに入念に日焼け止めを塗らなければいけなくなります。
 
肌のダメージを考えれば、ウォータープルーフの日焼け止めは、普段使いしないほうが良いでしょう。

紫外線吸収剤と散乱剤、乾燥肌にはどっち?

日焼け止めには必ずといっていいほど、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が含まれています。
これらの薬品こそが、UVカットの効果を発揮してくれる日焼け止めの主成分です。
 
吸収剤のほうが汗に強く、使い心地も良く、高い紫外線カットの効果を持っていると言われていますが、肌への刺激が強いため、敏感肌や乾燥肌の人は肌トラブルを引き起こす可能性もあります。
 
散乱剤は低刺激であるものの、白浮きしやすく、使い心地も重たいため使用感が悪いです。
おまけに長時間つけていると、水分や皮脂を吸収して、肌が乾燥してしまうという、乾燥肌にとっては最悪なデメリットも存在します。
 
どちらを選んでも、乾燥肌によくないことは確かですが、紫外線を直接浴びるほうが肌へのダメージは大きいです。
 
よって、その日の予定に沿って、使い分けるのが日焼け止めの上手な使い方といえるでしょう。
 
肌のコンディションにもよりますが、長時間、外で行動するアウトドアやレジャー施設へ出かける時は、しっかり紫外線をカットしてくれる吸収剤を使い、普段の生活では散乱剤入りの日焼け止めを使うのが、乾燥肌を防ぐ日焼け止めの活用方法です。
 


matome

日焼け止めは、乾燥肌にとって良いものではありません。
 
しかし日焼け止めを塗らずに、紫外線を浴びていたら余計に肌の乾燥は悪化してしまいます。
 
それぞれの日焼け止めの特徴を把握して、使い分けていくのが、もっとも乾燥肌を防げる日焼け止めの使用方法ですね。
 
もちろん、日焼け止めを使ったあと、入念にスキンケアを行なうことが大前提です。
毛穴の汚れをしっかり落としてから、刺激が少ない保湿ケアを行なうようにしましょう。

関連記事

HANAオーガニック日焼け止めウェアルーUVで透明感ある肌に!

HANAオーガニックトライアルセット徹底レビュー【画像あり】

日焼け止めの使用後は、きちんとクレンジングが美肌を保つ秘訣♪

 

クレンジングランキング

クレンジングレビュー

オールインワンランキング

トライアルセット一覧

 

同じカテゴリー「美容コラム」の一覧

目の下 くま 原因

目の下のくまの原因とは?意外なことがくまの原因だった!

目の下にくまがあると、疲れたように見えたり、老けた印象を与えてしまうなど、女性として損をしてしまうことが多いですよね。実は、くまには様々な種類があり、その種類によって、くまができる原因に違いがあるようです。 […]

記事の続きを読む
フェイスライン ニキビ

イソフラボンの効果を徹底解剖!本当に美肌に効き目があるの?

お肌に必要な成分はたくさんありますが、ずっと注目され続けているのがイソフラボン。 イソフラボンと言えば大豆、と言われるほどで、大豆の成分として健康にも美容にも大活躍しています。   美肌マダ […]

記事の続きを読む
生理前 肌荒れ

生理前の肌荒れ原因は?知って得する効果的な改善方法

生理前になると、体には色々な変化が起こりますよね。女性にとっては、とても辛い時期の始まり…そんな時に肌荒れになると、さらに憂鬱な気分になりませんか?生理前の肌荒れってどうしておこるのでしょうか?生理前 […]

記事の続きを読む
女性ホルモン 増やす

女性ホルモンを増やす3つの方法~身近な事であなたも美しくなれる!

女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つのことを指しており、卵巣でつくられています。 そして女性ホルモンの働きによって、艶やかでハリのある肌や髪など女性らしい […]

記事の続きを読む
朝 洗顔 しない

朝洗顔しない方が良い?肌に合わせた洗顔方法で美肌を目指そう!

スキンケアの中で、最も基本となるものは洗顔です。洗顔は生活習慣のひとつなので特に意識することなく、当り前のように朝、洗顔する方が多いと思います。多くの有名人が朝洗顔をしないということが広く知られるようになり[…]

記事の続きを読む
美肌マダムのプロフィール

40代に入って肌がカサカサで粉が吹いたようなひどい乾燥で悩んだ管理人「美肌マダム」が実際に購入し使った商品のみを良い点も気になる点も含めて正直にレビューしています。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2017 乾燥肌が気になる40代のためのスキンケア

ページトップ
Scroll Up