乾燥肌 クレンジング 選び方

MENU
乾燥肌が気になる40代のためのスキンケア TOP  >  クレンジング , 乾燥肌対策  >  乾燥肌ケアはクレンジングで決まる!良いクレンジングの選び方

乾燥肌ケアはクレンジングで決まる!良いクレンジングの選び方

乾燥肌と洗顔には、非常に密接な関係があります。
クレンジングの選び方を間違えると、顔を洗うたびに乾燥肌が悪化してしまいます。

乾燥肌 クレンジング 選び方

We Heart It

顔を洗ったあとの皮膚がつっぱるようなら、それは肌に合わないクレンジングを使っているということ!
 
乾燥肌に効くクレンジングとは、一体どんなものなのでしょうか?
今回は、乾燥肌ケアに最適なクレンジングの選び方を説明していきます。

クレンジング+洗顔は洗い過ぎ!

メイクの汚れが毛穴に残ると、吹き出物やニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。
だから、クレンジングに時間をかけているという人も多いはず。
 
しかし、その入念なクレンジングこそが、乾燥肌の原因になっている可能性も高いのです。

乾燥肌 クレンジング 選び方

We Heart It

まず、メイクに使用するファンデーションやアイラインは、人気商品の大半が油性です。
 
女性がメイクをするとき、肌荒れ以外に気をつける部分といえば、「落ちにくいメイク」になります。
油性のコスメは、水をはじくため、汗で落ちにくいという特徴を持っており、多くの女性が愛用しているのです。
 
油性のコスメそのものは保湿効果を持っているため、乾燥肌に向いている化粧品です。
ただし、クレンジングの際に肌へ絶大なダメージを与えることがあります。
 
クレンジングは油性のコスメをしっかり落とせるように作られています。
同時に、ほこりや紫外線から肌を守ってくれる皮脂も油性の物質です。
 
つまり、クレンジングをしっかりやりすぎると、肌を守ってくれている皮脂のバリアもはがしてしまうことになります。
 
W洗顔が必要なクレンジングの場合、さらに洗顔フォームで皮脂バリアをはがしていくことになるのです。

洗いながら保湿できるクレンジング

洗顔は長い時間をかけて入念に行なえば、美肌になれるというわけではありません。
メイクだけをしっかり落として、余分な皮脂や潤いが落ちないクレンジングやW洗顔不要のクレンジングが望ましいでしょう。
 
さらに付け加えれば、洗いながら保湿を行うことができるクレンジングがベストです。
 
乾燥肌に特化したクレンジングの中には、保湿成分を配合していて、洗いながら肌を潤わせることができる製品もあります。
 
洗いながら保湿できるのであれば、皮脂がある程度、流れてしまっても、保湿成分ですぐさま補うことができるため、肌にダメージを与えることもありません。
洗い上がりの肌がつっぱらないのも特徴で、使い心地が快適という口コミが多数見られました。
 
乾燥肌に最適なクレンジングの選び方として、保湿成分が配合されているクレンジングがあることも覚えておきましょう。
 
もちろん、どれだけ高級な保湿成分が配合されていても、汚れを落とす洗浄力が低くては、クレンジングとしての役目を果たせていませんので、毛穴の奥までしっかり洗浄できるというのは、乾燥肌に効くクレンジングの選び方の必須項目です。

低刺激・無添加は乾燥肌クレンジングの必須項目

乾燥肌に限らず、美肌を目指すのであれば、「毛穴の奥まで洗浄」以外にも、絶対に守っておきたいクレンジングの選び方の必須項目があります。
 
それは、界面活性剤や香料、合成着色料といった、添加物を使っているクレンジングはタブーという点です。
 
これらの添加物は、使用感をよくするためや、使用期限を長くするためだけに配合されている成分で、肌には一切良い効果をもたらしません。
 
乾燥肌や敏感肌の人は、これらの添加物が含まれるクレンジングを、たった1回使っただけで、かぶれや吹き出物、かゆみなどの肌トラブルに見舞われることもあります。
 
乾燥肌は、ただでさえ、保湿のバリアがはがれている状態です。
皮膚の弱い部分がむき出しになっており、外部からの刺激が肌の内部に伝わりやすくなっています。
 
他にも、刺激が強いピーリングやスクラブ系のクレンジングは、乾燥肌には不向きです。
 
皮膚が自然に分泌している皮脂を、無理やりはぎ取る形になってしまい、肌の奥深くにある真皮の潤いまでもが失われて、大量に皮脂が分泌される隠れ乾燥肌になってしまう可能性もあります。
 
乾燥肌のクレンジングを選ぶなら、低刺激・無添加は必須項目と覚えておきましょう。
 


matome

乾燥肌に最適なクレンジングの選び方は・・・

  1. クレンジングのみで洗顔もできるもの
  2. 保湿成分が配合されているクレンジング
  3. 低刺激で無添加なクレンジング

 
この3つが最低限、押さえておくべきポイントになります。
 
「クレンジングを入念にやりすぎない」ということも覚えておいてください。
 
クレンジングは基本的に、乾燥肌に悪い影響を与えるものです。
 
乾燥肌への刺激を和らげるクレンジングを選んで、洗顔のダメージを軽減したあと、スキンケア化粧品でしっかりと保湿を行なってくださいね。

関連記事

DUOザ クレンジングバームとマナラホットクレンジングを徹底比較!

マナラホットクレンジングゲルとモイストゲルクレンジングを徹底比較

マナラホットクレンジングゲル口コミ~使用感や気になる点を徹底検証

モイストゲルクレンジング口コミ!敏感肌でもスクラブは大丈夫か検証

肌ナチュール リッチモイストクレンジング口コミ~炭酸泡の効果を検証

ラミナーゼモイストクレンジングバームの洗浄力&潤い感を口コミ暴露

プリュ アミノモイスチュアクレンジング徹底レビュー【画像あり】

 

クレンジングランキング

クレンジングレビュー

オールインワンランキング

トライアルセット一覧

 

同じカテゴリー「クレンジング」の一覧

ラフラ バームオレンジ

クレンジングを乳化させてメイク激落ち!ラフラ バームオレンジを試してみた!

メイク汚れをしっかり落とすのは美肌の基本、それゆえ、クレンジングには気を使っている美肌マダムです。   最近は、DUOザ クレンジングバームをずっとリピートして使っていたのですが、友人が「こ […]

記事の続きを読む
プリュ アミノモイスチュアクレンジングジェル

アミノモイスチュアクレンジングジェルの効果で簡単たるみケア!

プリュ アミノモイスチュアクレンジングジェルは、アミノ酸とソフトマンナンスクラブの力で毛穴の奥の汚れを吸着して洗い流し毛穴を引き締める効果、美顔マッサージの効果で気になる肌のたるみケアが期待できます。

記事の続きを読む
肌ナチュール

肌ナチュールが大人ニキビに最適な理由とは?秘密は保湿ケアにあり!

治ったと思ったら再発したり、跡が残ってしまったり、と長期的な肌トラブルにも繋がりやすい大人ニキビ。肌ナチュールクレンジングなら、治りにくい大人ニキビも短い期間で治療できると評判です。でも、肌ナチュ […]

記事の続きを読む
DUOクレンジングバーム

DUOザ クレンジングバームの成分は多すぎ!危険な成分は?

DUOザ クレンジングバームの特徴は、なんといっても「とろけるクレンジング」。 美肌マダムもお気に入り、肌に乗せるまでは固形なのに、乗せた途端、とろとろのテクスチャーに変化する独特な使い心地がクセにな […]

記事の続きを読む
ラミナーゼ モイストクレンジングバーム

ラミナーゼ モイストクレンジングバームの効果~洗浄力&保湿を検証!

ラメラテクノロジーの効果で、「保湿しながら、メイク汚れをしっかり落とせる!」と評判が高いラミナーゼ モイストクレンジングバーム。特に、エイジングケアに有効な効果を発揮することが知られていて、40代の美肌マダムも[…]

記事の続きを読む
美肌マダムのプロフィール

40代に入って肌がカサカサで粉が吹いたようなひどい乾燥で悩んだ管理人「美肌マダム」が実際に購入し使った商品のみを良い点も気になる点も含めて正直にレビューしています。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2017 乾燥肌が気になる40代のためのスキンケア

ページトップ
Scroll Up