乾燥肌対策

乾燥肌における4つのタイプ~その症状と対策とは?

乾燥肌における4つのタイプ~その症状と対策とは?
出典元:We Heart It

一言で乾燥肌と言いますが、そのタイプは4つに分かれます。

  1. 乾燥性敏感肌
  2. 脂性乾燥肌(混合肌)
  3. 超乾燥肌
  4. 加齢性乾燥肌

 
ここでは、乾燥肌における4つのタイプの症状と対策を見ていきます。
 

スポンサーリンク


 

乾燥肌における4つのタイプ~その症状と対策

乾燥性敏感肌

乾燥性敏感肌は、気温や湿度、紫外線などの外部の刺激や間違ったスキンケアにより、肌が乾燥して過敏に反応してしまう状態。
 
保湿機能やバリア機能が低下し、ちょっとしたことでも炎症を起こし肌荒れの原因になります。
 
乾燥性敏感肌の場合は、何よりも保湿ケアをすることが重要です
 
スキンケアでは、特にセラミド配合の化粧水を手を使ってハンドプレスでしっかりと浸透させることをおすすめします。
 
そして、クリームでお肌にヴェールを作り美容成分を閉じ込めしっかりと保湿します。

脂性乾燥肌(混合肌)

脂性乾燥肌は、混合肌とも言われます。
 
その名の通り、脂性肌と乾燥肌、べたつき肌とかさつき肌の両方を持ち合わせたお肌です。
 
ベタベタする不快感から過度の洗顔をしてしまい乾燥がちになりますが、肌は乾燥させまいと余計に皮脂を分泌してしまうことから悪循環を引き起こします。
 
脂性乾燥肌(混合肌)の場合は、べたつく部分とかさつく部分を分けたお手入れをする必要があります。
その時のお肌の状態を見極めてお手入れしていきましょう。
 
生活習慣を見直し、栄養バランスの良い食事を心掛け、ストレスを溜めないことも大事です。

超乾燥肌

乾燥肌のもっとひどい状態で、洗顔後、すぐに化粧水を付つけないとツッパリ感がひどいお肌です。
白く粉を拭いたり、肌の皮膚がめくれることもあります。
 
超乾燥肌でヒリヒリ感が出ている場合には、スキンケアを刺激の少ない敏感肌用化粧品でお手入れした方が良いです。
 
また、毎日の生活で乾燥対策を心掛け、湿度調整をしたり、お風呂の温度もあまり熱いお湯にしないなど、身近なところから見直していく必要があります。
 
症状がひどい場合は、皮膚科に行くことをおすすめします。

加齢性乾燥肌

年齢が進むことで、皮脂や汗が減少しバリア機能が低下するとともに、角質層のセラミドやコラーゲンも減り乾燥が進んだお肌です。
また、女性ホルモンの減少も乾燥の原因の一つです。
 
とはいえ、年だから…とあきらめてはいけません。
 
加齢に打ち勝つように保湿成分をしっかり補い、日ごろのスキンケアを心掛けましょう。
 
毎日の生活では、超乾燥肌と同様、熱すぎるお湯の入浴はやめましょう。
また、食生活では、良質な油を適度に摂ることをおすすめします。
 

美肌マダムのまとめ

美肌マダム
美肌マダムは、乾燥する季節だけでなく一年中、乾燥肌に悩んでいます。
 
それは、季節の変わり目に特にひどくなり、粉が吹いたようになってしまいます。

 
乾燥肌の4つのタイプから見ると、「超乾燥肌」の症状がぴったりだと言えますが、そろそろ、「加齢性乾燥肌」ともいえるのかしら?と考えます。

 
何もしなければ、お肌を乾燥から防ぐことはできません。
 
乾燥肌対策をしっかりとして、自分の肌を乾燥から守っていかなければならないと思います。

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい
ヒフミドの効果を本音レビュー※口コミは嘘?徹底検証!
ヒフミドの効果を本音レビュー※口コミは嘘?徹底検証!【画像あり】美肌マダムが実際にヒフミドを使用して効果を本音でレビューしています。また、実際にヒフミドをご自身で購入して使用した方の高評価の口コミ&低評価の口コミを徹底検証、評価できる点、価格についても詳しく紹介しています。 ...
あわせて読みたい
ビューティーオープナーローション・クリームの効果※購入して試してみた!美肌マダムがビューティーオープナーローション・クリームを購入して効果を詳しく解説し本音でレビューしています。 ...