乾燥肌対策

バスタイムに簡単にできる3つの乾燥肌対策

肌の乾燥が気になる季節になると、顔の乾燥だけでなく身体もカサカサになってしまう美肌マダムです。

特に、お風呂上がりの身体はすぐにでもお手入れしたいところですが、どうしても顔のお手入れを優先してしまうので、ボディケアを始めるころには、かさつきが半端ありません。

kansouhada9

少しでも乾燥を防ぐことが出来るように、美肌マダムが入浴の時に気を付けていることがあります。
 
それは、

  • 熱いお湯ではなく、ぬるめのお湯に15分くらいつかる
  • ボディタオルを使うと肌を傷めるので手で洗う

 
ということ。
 
寒い季節になると、どうしても熱めのお湯につかりたくなるものですが、乾燥肌には熱いお湯は良くないと聞いたことがあったので、ぬるめのお湯につかっています。
 
ぬるめのお湯でも15分くらい使っていると十分に身体は温まります。
 
ボディタオルも使うと気持ちが良いのですが、肌を傷つけてしまうので手で洗っています。
 
美肌マダムがやっていること以外にも乾燥を防ぐ入浴法を見つけたのでご紹介します。
 

スポンサーリンク


 

乾燥を防ぐ入浴法

バスタイム1

乾燥肌には無添加・無香料の固形石鹸

液体ボディソープは、泡立ちもよく香りも良いし使いやすいですよね。
でも、泡立ちが良いのは界面活性剤が含まれているからで、汚れを落とすのと一緒に潤いも奪ってしまうんです。
 
ボディソープより界面活性剤の含有率が低い固形石鹸で、さらに無添加・無香料を選ぶのが乾燥肌には良いようです。

また、寒い季節はそんなに汗をかくこともないので、身体はそこまで汚れていません。
なので、気になる部分だけ石鹸で洗い、他の部分は毎日洗う必要はありません。

お湯につかる前にまずシャンプー

長い時間、お湯につかっていると肌のうるおい成分が流れてしまうそうです。
 
寒い日には、まず湯船につかって体を温めて…と思いますが、先にお湯につかるとうるおい成分が流れてしまっている後なので、肌への負担が大きいのです。
 
先にシャンプーをして、その後、身体を洗い、それからお湯につかるのが乾燥から身体を守る入浴法です。
最初にシャンプーをするのに寒くないように、湯船にお湯を張る時にシャワーを使ってお湯を溜めると湯気が立ってお風呂が温かくなります。

ミカンの皮で一番風呂も快適

一番風呂は気持ちが良い!
だけど、水道水に含まれている塩素がお肌に刺激が強いんです。
そのため、もちろん、乾燥肌に良いわけがありません。

 
そこで塩素を除去してくれるのが、ミカンの皮です。

昔からあるおばあちゃんの知恵ですね。
それだけでなく、ミカンの皮は保温効果がありますし、ビタミンCにより美肌効果もあるので一石二鳥!
 
ミカンの皮には、農薬やワックスがついているのでキレイに水洗いしてから使ってくださいね。
 

美肌マダムのまとめ

美肌マダム
顔の乾燥肌対策だけでなく、身体もきちんと対策しないとカサカサで粉が吹いたようになってしまう美肌マダムです。
 
自分なりに、乾燥肌対策はしているつもりでしたが、こんなに簡単にできる乾燥肌対策の入浴法があるとは思いませんでした。
どれも簡単にできるものばかりなので、実践していこうと思います。

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい
メディプラスゲルの効果を本音でレビュー※口コミは嘘?徹底検証!メディプラスゲルを実際に使用して効果や使用感について本音でレビューしています。また、メディプラスゲルの高評価の口コミ&低評価の口コミを徹底検証、価格、成分、気になる点、評価できる点についても詳しく紹介しています。 ...
あわせて読みたい
アヤナス
アヤナスの効果を本音でレビュー※口コミは嘘?徹底検証!アヤナスのレビューです。美肌マダムが実際にアヤナスを使用して効果について本音でレビューしています。また、高評価、低評価の口コミを徹底検証、成分、価格、気になる点、評価できる点についても詳しく紹介しています。 ...