美容コラム

40代のシミ・しわ・たるみの予防に必要なお手入れとは?

40代のシミ・しわ・たるみ~予防のポイント

We Heart It

40代を迎えるとホルモンバランスの乱れにより様々な症状が表れ、お肌の状態も安定せず肌あれで悩むこともあります。
 
特に、若いころ無防備にも紫外線を浴びてしまっていたりすると、その影響が今になってお肌に表れます。
 

それが…

  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 
しかし、過去のお手入れ不足は後悔してもどうにもなりません。

40代のシミ・しわ・たるみの予防に必要なお手入れをしっかりすることで若々しいお肌を取り戻しましょう。
 

スポンサーリンク


 

40代に発生するシミ

40代に発生するシミには、老人性色素斑と肝斑があります。
 
・ 老人性色素斑

老人性色素斑の原因は、紫外線。
若い時に浴びた紫外線とスキンケアを怠った代償で現れたものです。

 
老人性色素斑は、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分が配合された化粧品が有効です。
また、美容外科や皮膚科で行っているケミカルピーリングやレーザーなどで治療出来ます。

 
・ 肝斑

肝斑は、頬や額、口の周りなどに左右対称に出来るのが特徴で、輪郭ははっきりせず、薄い褐色がぼんやり広がって発生します。

肝斑の原因は、紫外線だけでなく女性ホルモンの乱れとストレスと言われています。
 
肝斑に有効なのは色素の沈着を抑制する働きがあるトラネキサム酸で、内服薬として市販されています。

40代に発生するしわ・たるみ

しわ・たるみは、目の下、ほうれい線などに見られ、これが目立つと老けて見られるため何としてでもケアしたいところです。
 
40代で起こるしわ・たるみの原因は、真皮層のコラーゲンの減少と言われています。
コラーゲンの減少は、加齢による所が大きいですが、紫外線も大きな原因となっています。
 
コラーゲンは、肌の保湿の役割をしていて、肌は、コラーゲンによりハリや弾力を保っています。
しかし、紫外線を受けた影響でコラーゲンが変性してしまい、肌が乾燥しハリや弾力がなくなり、しわ・たるみができやすくなってしまうのです。

 
さらに、加齢とともに重力で皮膚が下がってたるみになってしまいます。
 
40代では、コラーゲンやヒアルロン酸、コラーゲン生成に役立つビタミンC誘導体などの成分を補ったお手入れをすることが必要です。

ポイント  40代のシミ・しわ・たるみ☆予防のポイント
 
どんなシミでもシミをつくる原因の一番は紫外線!
そして、しわ・たるみにも紫外線は大きな原因となっています。

 
40代からのシミ・しわ・たるみ予防は、まず紫外線対策からです。
 
一度できてしまうとなかなか改善するのが難しいですが、今からでも、毎日のUVケアをしっかりと行い、外出するときには日焼け止めクリームを塗り、日傘、帽子の着用など紫外線対策をしっかりとする必要があります。

matome

美肌マダムは若いころ、紫外線対策を怠っていました。
そのころのツケが回った…と思うと、少しばかり後悔しています。

 
今でこそ、紫外線対策をしないで外出することは考えられません。
簡単にできることなので習慣にすることだと思います。

スポンサーリンク


 

関連記事

ホワイトニングリフトケアジェルの口コミに迫る!効果を徹底レビュー

ビーグレン効果でたるみとサヨナラできる?簡単たるみの改善方法

ホワイトニング リフトケアジェルの効果 シミに医薬部外品の実力!

アイムピンチの成分の効果は?使う前に知っておきたいこと!

オリファ発酵美養液のセラビオ効果を徹底レビュー【画像あり】
 

クレンジングランキング クレンジングレビュー オールインワンランキング 化粧品トライアルセット一覧