Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
美容コラム

実は簡単!?ホルモンバランスを整えるのに効果的な3つの方法

シワやシミ、くすみ等あらゆる肌トラブルの原因となり得るホルモンバランスの乱れ。
 
どんなに高価な化粧品を使って外側からのケアをしても、体内のホルモンバランスが乱れていては何の意味もありません。
 
ホルモンバランス 整える

We Heart It

では、ホルモンバランスを整えるにはどうすればいいのでしょうか。
 

スポンサーリンク


 

ホルモンバランスを整える方法

睡眠時間を確保する

ホルモンバランスを整えるにはまず、十分な睡眠をとることが大切です。
 
私たちの肌は、多少傷付いてもその修復機能によって再び回復させることができます。
ただしそのためには「成長ホルモン」の働きが必要不可欠で、この成長ホルモンは、その多くが寝ている間に生成・分泌されています。
 
そのため睡眠時間が不足していると肌を修復するために必要な成長ホルモンが不足し、肌の修復ができなくなってしまうようになるのです。
 
また成長ホルモンは肌のターンオーバー(生まれかわり)にも深く関係しているため、その量が不足すると肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、肌がくすんだりシミができやすくなったりすることもあります。

22時~2時はお肌のゴールデンタイム

肌を美しく保つうえで欠かすことができない成長ホルモンは、22時から2時の間に最も多く分泌されることがわかっています。
 
「夜更かしをするとお肌に良くない」なんて言うのは、このためだったのですね。
 
そこでホルモンバランスを整えるには、あまり夜更かしをせず、できるだけ早めに就寝するようにしましょう。

ストレスを溜めないようにする

ホルモンバランスを整えるにはまた、ストレスを溜めないようにすることも大切です。
 
というのも人は、ストレスが溜まるとその影響から体を守ろうとして「抗ストレスホルモン」を分泌するようになります。
そしてこの抗ストレスホルモンには、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促進する作用があります。
 
するとその結果、皮脂が過剰に分泌されてニキビや脂漏性皮膚炎といった肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。
 
つまりストレスを溜めないようにすることは、美容面においても非常に重要なことであるというわけですね。

自分に合ったストレス解消法を見つけよう

具体的なストレス解消法ですが、

  • ぬるめのお湯にゆっくりつかる
  • 信頼できる人に話を聞いてもらう
  • アロマ等を使って心を落ち着ける
  • 趣味に没頭する時間を作る
  • 適度な運動をする

 
といった対策が効果的です。
 
また過労状態にあるときは些細なことでイライラしたりストレスを感じやすくなったりすることがありますので、心だけでなく身体も休めるよう心がけましょう。

食生活を見直す

ホルモンバランスを整えるにはまた、食生活を見直すことも大切です。
 
女性は加齢に伴い、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少してきます。
エストロゲンは「美のホルモン」と呼ばれることもあり非常に優れた美肌作用を持っていますので、その分泌量が減少すると肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。
 
そこでおすすめしたいのが「大豆食品」です。
豆腐や豆乳、納豆といった大豆食品にはエストロゲンと同様の働きを持つイソフラボンが豊富に含まれていますので、日々の食事において、積極的に摂取し、不足しているエストロゲンの働きを補ってあげましょう。

無理なダイエットはやめよう

女性の中には、ダイエットのためといって無理な食事制限をしてしまう方がいます。
 
しかしこれ、絶対にやめましょう。
 
無理な食事制限によるダイエットをしていると、あっという間にホルモンバランスが乱れてしまいます。
 
また私たちの肌は食事から摂取した栄養素を元にして作られていますので、無理なダイエットをして肌細胞の「原料」が不足すると、肌はボロボロになってしまいます。
 
無理な食事制限をしても何も良いことはありませんので、バランスのとれた食事を摂るようにしましょう。
 

美肌マダムのまとめ
美肌マダム

ちょっとしたことで乱れてしまうホルモンバランス。
そんなときの体調はすぐれず辛いものです。
 
ホルモンバランスを整えるために自分でできることがあります。
 

  • 十分な睡眠をとる。
    お肌のゴールデンタイム、22時~2時はベッドの中にいるようにしましょう。
  • ストレスをためないようにする。
    ストレスは、百害あって一利なし!自分に合った身近な解消法でストレスを溜めこまない対策をしましょう。
  • 食生活を見直す。
    加齢とともに減少するエストロゲンを補うために、豆腐や豆乳、納豆といった大豆食品を積極的に摂るようにしてバランスの良い食事を心がけましょう。

 
女性の身体はデリケートです。
美肌マダムもホルモンバランスを整えるためにも心と身体としっかり向き合っていこうと思います。

スポンサーリンク