Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
オールインワン

メディプラスゲルの成分を徹底解析!それぞれの成分の特徴は?

メディプラスゲルは、66種類もの美容成分が配合されたオールインワンゲルです。

この美容成分の多さは、市販されているオールインワンゲルの中でもトップクラスで、美肌マダムも初めて知った時には驚きました。

メディプラスゲルの成分を徹底解析!それぞれの成分の特徴は?

でも、同時に「これだけ成分が多いと、危険な成分が入っていてもわからないかも…?」と不安になる気持ちもありました。

そこで、今回は、美肌マダムが気になったメディプラスゲルの成分をピックアップして徹底解析!その成分の特徴についてまとめました。

あわせて読みたい
メディプラスゲルの口コミ&効果を検証!実際に使った体験レビュー!メディプラスゲルの口コミの紹介、なぜ低評価の口コミになってしまったのか…?美肌マダムが原因を徹底検証しています。また実際に体験してレビュー、気になった点と評価できる点、成分、価格についても詳しく紹介しているので参考にしてください。...

スポンサーリンク


 

メディプラスゲルの成分を効果ごとに分類

メディプラスゲルは保湿効果が高い基礎化粧品です。
 
しかし、すべての成分が保湿効果を発揮するというわけではありません。
そこで、まずは、メディプラスゲルの成分を効果ごとに分類してみました。
 
point 保湿効果がある成分

ベタイン、ジグリセリン、トコフェロール、PCA-Na、グルタミン酸、ロイシン、セリン、トレオニン、アラニン、イソロイシン、ビフィズス菌培養溶解質、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、セラミドNP、加水分解コラーゲン、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、水溶性コラーゲン、セラミドEOP
 
point2 植物由来の保湿成分

グリコシルトレハロース、スクワラン(植物由来)、アボカド油、ヨーロッパブナ芽エキス、ノイバラ果実エキス、ナツメ果実エキス、マヨラナ葉エキス、ワイルドタイムエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス
 
point3 殺菌や抗炎、抗アレルギーなど、その他の美肌効果がある成分

BG(ブチレングリコール)、グリセリン、温泉水、1,2-ヘキサンジオール、加水分解水添デンプン、水酸化K、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解シルク、グリシン、タウリン、カワラヨモギ花エキス、アルカリゲネス産生多糖体、3-O-エチルアスコルビン酸、リシンHCI、クコ果実エキス、ヒスチジンHCI、バリン、アスパラギン酸Na、セイヨウトチノキ種子エキス、アルギニン、プロリン、カンゾウ根エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解エラスチン、アーチチョーク葉エキス、クエン酸、クエン酸Na
 
point4 ゲルの形状を保つための成分

水、メチルグルセス-10、カルボマー、ラウロイルラクチレートNa、キサンタンガム
 
ポイント 
 こうやって見てみると、案外、保湿効果を持っている成分が少ないように感じますが、殺菌・抗炎・抗アレルギー作用を持つ美肌成分の中には、保湿効果を持つものも含まれています。

 
66種類の美容成分のうち、8割近くの美容成分が保湿効果を持っていると言っても過言ではありません。
また、植物成分以外にも、天然の成分がたくさん使用されています。
 
美肌マダムも、カタカナやアルファベットが並ぶ難しい名前の成分を見ると、「化学成分?」と思ってしまいますが、これらは人間の体内で生成されているれっきとした天然成分です。
 
人間の体内で作られている成分なら、安心してお肌に使うことができますね。

気になるのは「ゲルの形状を保つための成分」

前述したとおり、メディプラスゲルには、美肌や保湿効果がある成分以外にも「ゲルの形状を保つための成分」が含まれています。
 
これらの成分は、オールインワンゲルを作るにあたって、欠かせない成分なのですが、やっぱり肌への影響は気になるところです。

それぞれの成分の特徴を見てみましょう。
 
point 

基礎化粧品を作る時に必ず必要になる成分です。
メディプラスゲルの水は水道水ではなく「精製水」を使用しているので、アレルギーが出ることはほとんどありません。
 
point2 メチルグルセス-10

粘度調整に使われる成分ですが、保湿効果も持っています。
構造が天然保湿因子と類似しているので、毒性はないといってよいでしょう。
 
point3 カルボマー

メディプラスゲルの中で、唯一少しだけ安全性が低い成分となっています。
合成ポリマーの一種で、ゲルを形作る役割があります。
 
安全性が低いといっても、カルボマーは水溶性高分子ですから、お肌に浸透することはありません。

美肌マダムも違和感や刺激を感じることなく、快適にメディプラスゲルを使うことができました。
 
point4 ラウロイルラクチレートNa

セラミドを乳化させるために使われている乳化剤で、セラミドが保湿効果を発揮するためには、必ず必要になる成分です。
ヤシ油と乳酸から合成されていて、安全性が高く、肌荒れに繋がる心配はありません。
 
point5 キサンタンガム

安定剤として使われている成分ですが、保湿効果やバリア機能も持っています。
乾燥肌に効果を発揮することはあっても、悪影響を与えることはないでしょう。
 

ポイント
 美肌マダムが購入前に気になったのは、カルボマーでした。
 
ほとんどのオールインワンゲルに含まれている成分なのですが、合成ポリマーであるという点に不安を感じるのは美肌マダムだけじゃないと思います。
 
合成ポリマーの成分は、肌に蓋をしてしまうから、皮膚呼吸ができなくなってしまうという話を聞いたことがありますが、カルボマーは水溶性なので、肌の呼吸を妨げることはないそうです。

美肌マダムのまとめ
美肌マダム

大量の美容成分が含まれているメディプラスゲルですが、ほとんどの成分が本物の美容成分であることがわかりました。
 
唯一、注意しておきたいのは、合成ポリマーの一種であるカルボマーですが、敏感肌の美肌マダムが使っても、肌荒れや刺激を感じることはありませんでした。
 
乾燥&肌ダメージが大きい冬の時期に使っても、美肌マダムは平気だったので、安全性はかなり高いと考えられます。
 
アレルギーを抑えてくれる成分もたくさん含まれているので、アトピーに悩む人も美肌効果を期待できるでしょう。
 
66種類の美容成分で、さまざまな方面からスキンケアを行ってくれるメディプラスゲルは、幅広い年齢層に対応した万能型オールインワンゲルです。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい
メディプラスゲルの口コミ&効果を検証!実際に使った体験レビュー!メディプラスゲルの口コミの紹介、なぜ低評価の口コミになってしまったのか…?美肌マダムが原因を徹底検証しています。また実際に体験してレビュー、気になった点と評価できる点、成分、価格についても詳しく紹介しているので参考にしてください。...