美容コラム

女性ホルモンを増やす3つの方法~身近な事であなたも美しくなれる!

女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つのことを指しており、卵巣でつくられています。

そして女性ホルモンの働きによって、艶やかでハリのある肌や髪など女性らしい美しさをキープすることができます。

バランシングゲル ニキビ

We Heart It

美肌マダムは、美しい素肌をキープするために、様々なスキンケアの方法を試していますが、やはり、女性ホルモンの働きを高めることが、美しさを保つ基本になると感じています。
 
ここでは、身近な事で女性ホルモンを増やす3つの方法をご紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク


 

女性ホルモンを増やす3つの方法

1.女性ホルモンを食品で増やす

毎日の食事を通してバランス良く栄養をとることによって、健康的な美しさを保つことができます。
女性ホルモンを増やす食品を取り入れることで、女性らしい美しさを目指すことができたら嬉しいですよね。

大豆

大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと化学式が似ているだけではなく、エストロゲンと似た働きをすることで知られています。
 
エストロゲンは、女性らしい丸みのあるプロポーションをサポートするだけではなく、ハリや潤いのあるお肌を保つためのサポートをしてくれます。
 
しかし、加齢によって、女性ホルモンの分泌が減少すると、エストロゲンの働きも低下するため、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを含む食品が注目されているのです。
大豆製品には、豆腐・納豆・味噌・きな粉など、身近なものがたくさんあるので、毎日の中に取り入れてみると良いかもしれません。

卵には、良質なコレステロールが含まれていますが、コレステロールと聞くと、ダイエットの大敵であるような印象がありますよね。
ところが、良質なコレステロールは、女性ホルモンの材料となる大切なものなので、食事を通してある程度の量はとる必要があるのです。
 
卵には、良質なコレステロール以外に、ビタミンとミネラルがバランス良く含まれていることから、栄養価が高い食品として知られています。

かぼちゃ

かぼちゃに含まれているビタミンEは、抗酸化作用や血行を促す働きを持っています。
アンチエイジングに欠かせない栄養のひとつですが、そのほかにも脳下垂体や卵巣に働きかけて、女性ホルモンの分泌を左右する働きを持っています。

2.女性ホルモンを飲み物で増やす

ハーブティーは飲んでおいしいだけではなく、ハーブティーが持つ特徴によって、女性ホルモンに働きかける効果を期待することができます。
毎日の中で手軽に取り入れることができるので、いつものお茶をハーブティーに変えてみるのも良いかもしれませんね。

チェストベリー

チェストベリーは、女性ホルモンのバランスを整えるハーブのひとつです。
女性ホルモンの分泌を正常にする働きを期待することができるので、月経前症候群・月経周期の乱れなどが気になる方をサポートしてくれます。

セージ

セージには、ホルモン様作用があるので、更年期の様々な症状や月経前症候群などに働きかける効果を期待することができます。
抗酸化作用があるので、健康や美容をサポートしてくれます。

ローズ

ローズは、月経にまつわる女性ならではの不調をサポートしてくれます。
月経不順・月経痛・月経前症候群・更年期の様々な症状など、様々な症状に働きかけるので、女性ホルモンのバランスを整えたい方に最適です。

3.女性ホルモンをマッサージで増やす

女性ホルモン 増やす

We Heart It

女性ホルモンを増やすためには、身体の隅々にまで必要な栄養が行き渡るようにすることが大切です。
血行を促すためには、手軽に実践できるマッサージがおすすめです。

ツボ押しマッサージ

女性ホルモンを増やすために有効なツボのひとつに、天枢(てんすう)というツボがあります。
天枢(てんすう)は、ヘソの位置から指3本分ほど離れたところにあり、押すとやや痛みを感じるところです。
 
もうひとつのツボが、膺窓(ようそう)というツボで、鎖骨とバストトップの位置のちょうど真ん中の位置にあり、押すと痛みを感じるところです。
これらのツボを、空いた時間などに、やや強めに押すと良いでしょう。

アロママッサージ

アロママッサージは、マッサージをすることで血行を促すだけではなく、アロマの香りによって、女性ホルモンを増やす効果を期待することができます。
 
マッサージをする時は、マッサージ用のオイルに、アロマオイルを1%以下含ませて使うようにします。
決してアロマオイルの原液を、そのままお肌に使用しないようにしましょう。
 
そして、お風呂上りなどの血行が良くなっている時に、オイルを手のひらに取って、腕や足などの気になる部分にのばして、その部分を優しくさするようにマッサージします。
 

美肌マダムのまとめ
美肌マダム

女性ホルモンを増やす方法には、食べることや香りを嗅ぐことなど、身近なことを丁寧に行うことが大切なようです。
 
中でも、女性ホルモンを増やす食品は、どれもメニューに取り入れやすいものばかりなので、すぐに取り入れられそうです。
 
どの方法も、毎日の中で手軽に取り入れることができるものなので、美肌マダムもさっそく実践してみようと思っています。
 
大豆を原料とした美容液「I’m PINCH」

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい
ラ・ミューテ
生理前ニキビに悩む40代に~女性ホルモンに着目したラ・ミューテ美肌セット美肌マダムは、生理前になるといつも同じところ…顎にニキビができます。 40代、しかも乾燥肌なのに…と思いますが、生理前ニキビは女性ホル...